人間には、自分が想像する以上の力が備わっている。—昔から、いろいらな形

で言われてきました。たとえば「火事場の馬鹿力」…

いざとなったら人間はその限界(と思われている)以上の力を出すことができる

という意味ですが、本当はそれだけの力が備わっているのに、普段はその力を

使いきれずにいる、と言ったほうが正しいようです。

脳についても同じことがいえます。

人間の脳の90%以上は眠ったままで活用されていません。

なぜなんでしょうか?

さまざまな心の障壁(メンタルブロック)が妨げているからです。

 

メンタルブロック❶

どうせ頭が悪いから…ろ決めてしまうクセ

たとえば、生まれたときからずっとクサリにで杭につながれていた像は、成長

してその杭をひき抜く力がそなわっても、「この杭を引きぬくことはできな

い」と思い込んでいて、鎖から抜け出せないのだそうです。

これが「メンタルブロック」です。

 

過去の経験や人に教え込まれた事などが、メモリーとして脳に書き込まれ、そ

れが意識の障壁となって、新しい経験や情報をブロックしてしまう、というの

です。

「どうせ頭が悪いんだから、何をやってもダメ」

もしそんなふうに考えているとしたら、これはとても重大なメンタルブロック

と言えます。

____脳は

トレーニング(刺激を与えること)によって活性化できる

___最近の脳研究で、続々とその成果が証明されています。

その一つが速聴です。

速聴を続ける事によって、大脳の一部である「ウエルニッケ中枢」を刺激する

と脳神経細胞から出ている根のような突起、ニュウロンの絡みあいが緊密にな

っていくことによって、記憶、知覚、認識、運動などの各領域が活性化されま

す。又それとつながる各領域もー活性化されやがてそれが全脳に及ぶという性

質を持っています。これをを「汎化作用」と呼びます。

聴覚を刺激するだけで大脳全体が活性化されて、頭の回転がみるみるよくなっ

ていく___速聴は、大脳固有のこうした性質を利用した画期的な脳力開発シス

テムです。